ドコモのガラホ向け契約プラン『ケータイプラン』に困惑⁈

2019年4月15日、以前より噂のドコモの新料金プランが発表されました。
この記事は、『ガラホユーザー&ガラケーからガラホへの機種変更』向けの内容です。
世間では、『ギガホ』とか『ギガライト』とかギガギガ言うておりますが、ガラホ向け『ケータイプラン』の情報ですよ。

詳しくはドコモ公式サイトへ

各新プランは2019年6月1日(土曜)提供開始です。

従来の「カケホーダイ&パケあえる」のFOMA、Xi料金プラン、「docomo with」「月々サポート」「端末購入サポート」などの割引サービスは、2019年5月31日(金曜)をもって新規申込み受付を終了。
現在契約中のプランは継続利用OK。

月々サポートが無くなる端末料金に関しては、新しい割引プランが「スマホおかえしプログラム」ですが、ガラホには関係ありませんでした。
今後、ガラホ向けにも割引プランを考えてくれるよう願います。

最初に言っておきますが、4割値下げはガラホには全く関係ないですよ…。

ガラホ向け『ケータイプラン』

月額料金が、(以下、記事内は税抜き月額料金です)
●定期契約(2年)あり 1,200円
●定期契約なし 2,700円
月額料金の中にはISP接続料金(今まではSPモード料金として別途300円)が含まれています。

利用可能データ量は100MB。(超過後は送受信最大128kbpsの低速通信に)
料金が加算される訳ではないのがチョット安心ポイント。
スピードモード/1GB追加オプションの利用は可。

ふむふむ、で?ん?むむむ?

音声オプションが、
●かけ放題オプション 1,700円
●5分通話無料オプション 700円(5分超過後は30秒あたり20円で、家族間通話は無料)

えっ、通話プランがオプション!!!

ビックリですね〜。
今までは、通話プランが基本プラン、オプションがデータプランでした。
ガラケー&ガラホの利用用途として需要が少なくなかったはずの『電話だけで良い』を封じられました?

基本の月額料金(1,200円or2,700円)だけでも通話はできます。
その場合、家族間通話は無料。
家族以外への通話は30秒あたり20円。

現実的なプランは、5分までの通話無料にして、
1,200円+700円=1,900円でしょうか?

かけ放題にすると、
1,200円+1,700円=2,900円

尚、『ケータイプラン』では、「ずっとドコモ特典」が適用されます。
お誕生月にdポイントクラブのステージに応じてdポイント(期間・用途限定)が貰えます。
貰うには手続きが必要なので忘れずに。

あと、地味に「eビリング割引」は対象外です、▲20円ですけど。

従来の『ケータイパック』

*新規受付は終了していますよ。
従来の『ケータイパック』だと必須の基本通話プラン。(いずれも2年の定期契約ありの料金)
●シンプルプラン 980円
●カケホーダイ 2,200円
●カケホーダイライト 1,200円(5分以内の通話が無料)

インターネット接続料金が、
●SPモード 300円

メールなどを使う為にデータプランを付けて、データパックが、
●10MBまでなら300円、超過後は従量制で最大4,200円。

5分以内の通話無料にすると、
1,200円+300円+300円=1,800円です。

カケホーダイなら、
2,200円+300円+300円=2,800円

従来の『ケータイパック』の方が少々お安いですが、データ使用料が10MBを超えないように注意が必要。(個人利用のテキストのみキャリアメール程度だとそうそう超えません)

100MBまでは高速で使える新料金プランも悪くはないですね。
SMS(ショートメッセージ)はどちらのプランも使用量に応じて別途料金が発生します。

通話のみの利用者が困惑

「ガラホorガラケーは電話専用、データ通信はタブレットやパソコンだし〜。
形もコンパクトでポケットに入れやすい、少々手荒く扱っても丈夫な所が魅力。
通話だけならカケホーダイでも2,200円、ライトなら1,200円だもんね〜。」

それが、新プランでかけ放題にすると合計2,900円ですと?
(カードケータイKY-01Lでもかっ??)
通話だけなら従来のプランを継続しかないですね。(悲)

ガラホの料金プランに困惑

格安SIMの通話プランについても、少し調べてみました。
↓よろしかったらコチラの記事で。

携帯キャリアの分離プランや違約金値下げ情報で、格安SIMを使ってみよう!という方も増えるのでは?通話のかけ放題プランも浸透してきて、同じ様に電話も使える…と思ったらどっこい、キャリアより複雑なので事前に理解して欲しい通話方法を紹介します。

=2019年9月追記=
2019年10月から少々プラン変更あり。
『ケータイプラン』はステージにより年1回もらえるポイントにダメージがっ⁈

2019年10月1日からドコモの新プランスタート。解約金なしで定期契約なしプランと、解約金が1,000円の2年定期契約プラン。今までとそんなに変わりないかと思いきや、ガラホユーザーには思わぬ所にマイナスポイントが…。

=追記終了=

ガラケー(FOMA)からガラホ(Xi)へは?

通話のみの契約なら、従来のカケホーダイorカケホーダイライトで。
『SH-02L』に端末の月々サポートが適用されて実質0円になるのも2019年5月31日まで。

ガラケーを長年2,000円前後で契約していた方は、『ケータイプラン』で契約してもそんなに違和感は無いでしょう。
機種変更時の端末代金だけが、ずっしり重く感じますけど……。

「はじめてのスマホ割」が適用されるのは『ギガホ』か『ギガライト』での契約です。

まとめてみると…

「基本が通話プランで、オプションがデータプラン」が反対になって、
「基本がデータプランで、オプションで通話プラン」になるとは想定外でした。
これ、ガラホ利用者の方が打撃が大きいです。
データ通信が必要になった時だけデータプランを契約して、いらなくなったら契約を外すという技が封じられた…。
なら、ガラホにも自由にアプリをインストールさせて欲しい〜〜〜。

「基本がデータプランで、オプションが通話プラン」は、『ギガホ』や『ギガライト』でも同様です。
しかし、スマホならほとんどの方がデータ通信も通話も両方契約するはずなので、どっちがメインでも構わない。
なんなら電話はしなくても、連絡手段はLINEでもフリーメールでも、アプリの無料通話だってありますしね……。

従来プラン『ケータイパック』の方が安いし、現在の端末代金は払い終わっているし、6月になったら端末代金が高くなるし、でも、現在の端末が調子悪いわけでもないんだけど……。
現在、ガラホ『SH-01J』を『SH-02L』に新調しようかどうしようか?激しく葛藤中。
………………。
3日ほど考えて、従来プランのまま機種変更することにしました!

ドコモのガラホ『AQUOSケータイSH-01J』から『SH-02L』へという地味な機種変更をしました。あまり共感されないであろう理由と、実際の機種変更時に戸惑った事いくつかです。

テヘッ!

スポンサーリンク
PC(大)
PC(大)

フォローする?

トップへ戻る