契約15年以上が対象『ドコモハピチャン』超長期ユーザーですが対象外でした

ドコモとの契約は20年を越しました。
2018年10月1日、契約期間15年以上の長期ユーザーの為のクーポンが発行されました。

ドコモハピチャン

25歳以下が対象のハピチャンクーポンを指をくわえて見ていた皆様、
契約期間がとっくに15年以上の皆様、
マツキヨで使える500円クーポン登場です。(2018年10月・11月のクーポンです)

ドコモのハピチャン特設サイトへ

さてさて、多くの方が対象なのでしょうが、……私は対象外でした。

対象デバイスのスマートフォンには含まれておりませんでした。
『ガラホ(SH-01J)』なのです。

『ガラホ』はダメか〜。
『ケータイパック』はダメか〜。
20年以上の長い付き合いでもダメか〜。
一度も料金の滞納だってした事ないのにダメか〜。
『ガラホ(SH-01J)』でもAndroidのスマートフォンなんだけどダメか〜。

『ガラホのケータイパック』はドコモのデータ通信契約の中でも端っこの方で紹介されています。
300円から上限4200円(プラチナステージで「ずっとドコモ割プラス」が適用されると上限3,900円)。
10MBまでなら300円で、その後は0.03円/KBの従量制。
約130MBで上限に達するので、結構リスクの大きい立派なデータプランなんですけどね。
通話プランと組み合わせて契約しますが、約1800円〜/月と使い方次第で安く抑えることができます。
まぁ、電話とキャリアメールが使えれば良い、ほぼガラケーと同じ使い方しかしない人の為のプランです。

ドコモのガラホ『SH−01J』のメリット&デメリット。ガラケーから機種変更するにはちょっと不安。スマホに慣れてしまったら物足りないかも?ガラホもスマホも利用している経験から気になる点を紹介します。

尚、『ハピチャン』はスマートフォンが対象なので、純粋なガラケーも対象外ですね。

ガラケーからスマホへ移行したくはないけれど、長年慣れ親しんだドコモからも離れたくない多くの高齢者も対象外という事です。

一応、マツキヨの近くで試してみました。
適用条件を読んでも、対象なのか対象外なのか良くわからなかったのもあって…。
万が一、対象だったらクーポン表示の制限時間は30分なので…。
もしかしたら、ドコモさんが説明文に記入するのをうっかり忘れただけで、対象に入っているかもしれないので…。
万が一、万が一、対象だったら何を買おうか決めておいて…。
『ケータイパック』のモバイル通信では、ブラウザに接続するとデータ量が10MBを超えて、従量制の課金領域に入るかもしれないのを覚悟して…。

結果は…、

ドコモハピチャン対象外

やっぱり…。

『ケータイパック』なので、自宅Wi-Fiでハピチャンの特設サイトを事前にブックマークしておいて、モバイル通信で接続するのは最小限にしたので、使ったデータ量は約1.87MBでした。
『ケータイパック』で契約していて自分のガラホで表示を確認したい方は、あちこちのページを開かないように注意してくださいね。

25歳以下を対象にしたハピチャンでは、スマートフォンに限定されてもほとんどの方が対象に入るでしょうね。
25歳以下でガラケーかガラホという人には、個人的に称賛の拍手を送りたいです。

15年以上の長期ユーザーが対象だと、ガラケーやガラホの割合が高くなります。
ガラケーしか使いこなせないという人ばかりではありません。
パソコンの方が使いやすいからメールや検索は全部パソコン、緊急の要件だけ電話が必要なのでガラケー。
スマホを使って無駄な機能が多すぎたから1周回ってシンプルなガラケー。
あえてのガラケー、賢く選択してガラケーという方々は全て対象外です。

ドコモに問い合わせて確認を取りました。
対象デバイスはスマートフォンなので、契約プランにかかわらずガラホ(ドコモケータイという分類)は対象外だそうです。

タイトルが『契約期間15年以上のスマホユーザーにだけハッピーを。』だったら、ぬか喜びせずに済んだかもしれない…。

ハピチャン対象外で泣く