ドコモのガラケーからガラホ『SH-02L』早くも機種変が実質0円!

*2019年6月以降、実質0円廃止、契約プランもガラッと変わりましたので、編集はしていますが、過去の記事となっています。
ほんの2ヶ月でしたが、実質0円で手に入ったんですよ〜という回顧録です。

2019年2月に発売されたばかりのドコモの大人気?ガラホAQUOS『SH-02L』
2ヶ月も経たない2019年4月から、機種代金が実質0円で手に入るようになりました。
月々サポートが増額になったのです。
ただし、対象となるのは、

  • 新規(追加)契約
  • 他社からの乗り換え(MNP)
  • FOMAからXiへの機種変更

自分のガラホは前身のAQUOS『SH-01J』ですがXi契約なので、Xi→Xiでは残念ながら対象外。(実質負担額は10,368円)
そして、月々サポートは2019年5月31日で新規受付終了です。

契約プランなどの詳細は、
ドコモオンラインショップ『月々サポート』案内ページへ

迫り来る3G通信消滅のXデー。
そろそろ、FOMA契約のガラケーユーザーへ機種変更のお誘いが始まるのでしょうか。
FOMAのガラケーがまだまだ使えるのなら、ギリギリまで使って頂きたい……。

『SH-02L』の契約プランは

FOMAプランでの契約は、もうさせてもらえません。(悲)

お手頃なのは、2019年5月31日で新規受付終了の「ケータイパック」。
継続利用はOKなので、6月からの新しい「ケータイプラン」がちょっと高いと思うなら、契約プランはそのままでいきましょ。

通話用の基本プランの「カケホーダイプラン2,200円/月」「カケホーダイライトプラン1,200円/月」「シンプルプラン980円/月」の中のどれかを選んで、完全に電話だけと割り切るのもOK。
ほとんどの方は基本プランにプラスして、「SPモード300円/月」と何らかの「データプラン」を組み合わせる事となりますよね。

ガラケーと近い使い方をする為の「ケータイパック」なら、月々2000円以下に抑えて電話もメールも利用可能です。
ただし、モバイルデータ通信を使い過ぎたり、長電話をし過ぎたら、料金がドンドン上がっていく、注意が必要な立派な自己責任データプランです。
もちろん、一般的なスマートフォンと同じデータプランも契約できます。

「ケータイパック」関しては、↓の記事で注意事項など、参考にどうぞ。

ドコモのガラホ『SH−01J』のメリット&デメリット。ガラケーから機種変更するにはちょっと不安。スマホに慣れてしまったら物足りないかも?ガラホもスマホも利用している経験から気になる点を紹介します。

尚、『SH-01J』はドコモの公式サイトからは消えました……。

今後のドコモの料金プランは

実質0円が廃止された後に『SH-02L』の端末代がどうなるのか?
機種代金31,104円(いわゆる言い値ですね)を全額払わないといけなくなるのか?
高過ぎでしょ。
=2019年5月17日追記=
機種代金31,104円でした……、ショック。
一括か、12or24or36分割払いです。

↓2019年4月15日に発表されたは新契約プランはコチラの記事で。

ドコモの新料金プランが発表されました。ガラホをメインで利用している身なので『ケータイプラン』に注目です。似ているようで全く違う、上級ガラホユーザーほど困惑するであろうナゼナゼ?ポイントがありました…。

ちょっと裏読み

新料金プランを発表直前なのに、実質0円にしたり、各キャンペーンの延長をしたり。
ユーザー確保に必死という事は、新料金プランを発表するとドコモから離れていくかもしれないから、少しでも端末にも2年縛り(2年契約)を付けて契約して欲しいという事でしょうか?

*通常「2年縛り」というと電話番号に紐付けられていて、MNPで他社への移動や、電話番号解約する時に、時期を計算しないと違約金が発生する縛りの事です。
端末の2年縛りはちょっと意味が違います。
端末代をキッチリ払うなら、自分で用意した違う端末にSIMを差し替えてもOKです。

魅力的なプランなら少しでも早く発表したいでしょうに、なかなか発表しなかったから、むむむ?なのですよ。

ガラケーユーザーはどうする

  • ドコモが機種変更&契約変更してくださいと言ってくるまで粘る→何か特典があるかも???
  • 実質0円だし損はないはず!新プラン発表前にガラホ『SH-02L』に機種変更する。
  • ここをキッカケとして、ガラケーやガラホに拘らない、スマートフォンを検討する…。
  • ドコモは最低限の基本料金での契約に。なんならカード携帯KY-01Lだって面白そう。ネットに繋ぐのは、家のパソコンや他の端末からで十分。
  • ドコモにも拘らない、多種多様な料金プランがある格安SIMを検討する。
  • 『SH-02L』には拘る。4月発売予定の兄弟機、Y!mobile『ケータイ3|806SH』やSoftBank『ケータイ3』も考えてみる。おサイフケータイに対応していないのがイマイチか。

選択肢は、こんな感じでしょうか。

ガラケーもうすぐ終了

ガラケーが自分の生活の中で、どういう存在なのかによって何を選ぶか決まってきそうです。

なんだかドコモから、「ガラケーからガラホに機種変更するのが一番順当でしょ!実質0円にするから早くしなさい〜」とプレッシャーを与えられている気がしてなりませぬ。

自分は、いずれ『SH-02L』に変更しようと思っていますが、機種変更せずに『SH-01J』を壊れるまで使い倒すかもしれませんね。(笑)

=追記=
機種変更してしまいましたよ〜、従来プランのままで。

ドコモのガラホ『AQUOSケータイSH-01J』から『SH-02L』へという地味な機種変更をしました。あまり共感されないであろう理由と、実際の機種変更時に戸惑った事いくつかです。

少し前まで、外に出たら電話は公衆電話。
携帯電話が普及して、外でも直接個人宛に電話できるようになっただけ、すっごい進化。
そんな時代を輝かしく懐かしむ事ができる世代(自分)は、周りに流されずに、賢く選択してください。

スポンサーリンク
PC(大)
PC(大)

フォローする?