『HUAWEI nova lite 3』から『Fitbit Charge 3』への通知設定はココ!

『Fitbit Charge 3』を購入してまもなく半年。
日々の運動の記録としては大満足の働きをしてくれています。
「フィットネストラッカー」としては合格点。

Fitbit 公式サイトへ

ふと気になった、スマートフォンからの通知機能はどうなの?
もっとスマートウォッチ寄りな機能です。
あまり必要とはしていなかったのですが、試してみました。
『Fitbit Charge 3』&『HUAWEI nova lite 3』という超限定的記事です。

『Fitbit Charge 3』と『HUAWEI nova lite 3』の同期

『Fitbit Charge 3』

バッテリー持ちが約7日と、Fitbit機種の中でも長持ちが魅力。
「フィットネストラッカー」という分類ですが、購入した本体色「ローズゴールド」は仕事中でも違和感なく、カジュアル過ぎないプチ高級感を漂わせています。

Fitbit フィットビット FB410RGGY-CJK フィットネストラッカー L/Sサイズ Charge 3 ブルーグレー/ローズゴールド[FB410RGGYCJK]

価格:16,905円
(2019/11/10 09:23時点)

さてさて、『Fitbit Charge 3』購入後にスマホの機種変更をしました。
連携については全く考慮せず、購入したスマホは発売直後の『HUAWEI nova lite 3』。
HUAWEIが今後どうなるかは議論しませんが、世界では何が起こるのでしょうね?

スマホの機種変更をしても、スマホに『Fitbit』アプリをインストールして、登録してあるIDとパスワードでログインしたら、以前のデータがそのまま引き継がれます。

アプリ『Fitbit』

『Fitbit』アプリ

Google Playで無料(アプリ内購入あり)/ 2019年6月時点
App Storeで無料(App内課金あり)/ 2019年6月時点

チャチャっとペアリングしてしまいましょう。

もしペアリングできなかったら厄介なのですが、公式サイトでユーザーの皆様が情報を発信しています。

↓機種変更前のスマホで、中々ペアリングできなかった時の記事はコチラです。

Fitbit Charge 3に乗り換えました。Alta HRが突然壊れてしまったから…。幅がチョット広くなって、チョット機能が増えただけと思ったら、初期設定する段階でチョット難儀しました。同じFitbitでも違いはチョットではないのですね…。

『HUAWEI nova lite 3』は公式サイトでの動作確認機種には入っていません。
もし同期できなくても仕方ないのですが……、同期できました!
ただし、何日も同期させていなくて送るデータが多い時など、同期完了まで数分かかります。
たまに同期エラーになります。
そんな時は、自分が持っている唯一のiOS、古い『iPad Air2』で同期させた方が早いです。
『iPad Air2』は動作確認されている機種です。

ここまでは『HUAWEI nova lite 3』でも問題ありませんでした。
しかし、『Fitbit Charge 3』の機能を最大限に利用するなら通知の連携ですね。
常に通知させる設定がなかなか曲者でした。

通知機能をオンにするには?

いやはや、完璧に通知させるのに数々の手順を試しました。
なかなかエラー画面が解除できなくて……。

まず基本、スマホのBluetoothは常時ONにしてください。

ONにする方法は……、画面上部からシュッとして、Bluetoothアイコンをポン。
設定画面から「デバイス接続」でもオンにできます、詳しい説明の必要はないでしょう……。
次からが本題です!

『Fitbit』アプリ自体の通知設定

『Fitbit』アプリを開いて、ダッシュボード画面上部の『Charge 3』画像をクリックすると設定画面に入りますね。

『Fitbit』アプリの『常に同期』をONにします。

一番下の『常時接続』はオフのままで良いです。
この後の設定をいくら変更しても通知されない時、最後の手段として『常時接続』をONにしてみてください。

『Fitbit』アプリの設定画面
『Fitbit』アプリの設定画面

同じ画面内から『通知(通知オプションを選択)』を選ぶと細かく設定ができます。
もし、電話着信の通知をさせるなら、アプリに「通話」「通話履歴」「連絡先」へのアクセスを許可する必要があります。
その下のアプリごとの設定はお好みで問題ないです。

『Fitbit』アプリの通知設定
『Fitbit』アプリの通知設定

次っ!

『HUAWEI nova lite 3』の通知設定

本体の『設定(歯車アイコン)』→『アプリ(黄色い四角アイコン)』→『アプリ(一番上)』→『Fitbit』。
『Fitbit』アプリを見つけましたね。
開くと『アプリ情報』画面です。

『HUAWEI nova lite 3』アプリ情報画面
『HUAWEI nova lite 3』アプリ情報画面

まずはアプリ情報画面『通知管理』で、もちろん『通知を許可』。

下にズラーッとある設定は、自分に必要な物を選んで有効にしてください。
一番下の『その他の設定』をクリックすると、アプリ内の通知設定に飛びます。
Eメールに送信するかどうかも設定できますが、これらはPCからも設定できる内容です。
本体内の設定とアプリ内の設定で同じ物がありますが、どっちの設定が優先されるのかな?
ここでの設定、エクササイズの応援や目標達成した時の通知などは、必要なければ全オフでも問題ありません。

次に、アプリ情報画面『通知管理』の下にある『データ通信量』から、「モバイルデータ」「Wi-Fi」「バックグラウンド時」をON。

ほとんどのアプリでは節約の為に「バックグラウンド時」はオフにしているかと思います。

いつ何どきも通知を受け取る為には、「バックグラウンド時」ONです。

これで良い気がするのですが、エラーが出ます……。
指示通りに再起動しても同じ状態です。

『Fitbit』アプリの通知エラー
『Fitbit』アプリの通知エラー

そこで……、

アプリ情報画面『通知管理』や『データ通信量』のさらに下、
『消費電力詳細』→『アプリ起動』→『自動的に管理』をオフ
「手動で管理」にして、「自動起動」「他のアプリによる起動」「バックグラウンドで実行」を全てON

アプリ起動設定
アプリ起動設定

『アプリ起動』はバッテリーに関する設定なので、本体の『設定(歯車アイコン)』→『電池』からも入る事ができます。
『電池』から入ると、電池節約の為の設定がいくつかありますが、『パフォーマンスモード』『省電力モード』『ウルトラ省電力』は、もともとオフで使用しています。
これらをONにすると、常に動いていて欲しいアプリを勝手にオフにされたりするので嫌いなのです。

『アプリ起動』の設定は盲点だと思います。
この設定自体は、Androidバージョンによるのか?『HUAWEI nova lite 3』独自なのか?HUAWEI機種全般なのか?わかりません、スミマセン…。

通信やバッテリー節約の為の設定は、アプリを勝手にオフにするので相性が悪いのです

これらの設定を施した後、念の為、再起動したらエラーが消えました。
パチパチパチパチ!

その他にも、セキュリティソフトやタスクキラー系アプリの設定で、自動でアプリをオフにされていないか?
通知されない場合は疑ってみてください。

それでも、いつの間にか同期されていなくて、スマホアプリを再起動してみたり、『Fitbit Charge 3』本体の再起動をしてみたり……。
本体画面「天気」をタップしてみると、「スマートフォンと同期してください」と表示されるので、「切れてる……」とガッカリします。
本体再起動は「天気」すぐ下の「設定」→「デバイス情報」→「デバイスを再起動する」で簡単に出来ますよ。
同期設定、なかなか手強いです。

通知の正確さは?

公式サイトでの説明では、Bluetoothで届く範囲は最大約9m。
スマホが他のデバイスとBluetooth接続されていたら通知されない可能性あり。
この辺りは、状況により変化します。

自宅では、スマホとパソコンを常時接続していますが、通知が届きます。
職場では、スマホはロッカーの鞄の中、ロッカーの近くに居る時は届きました。
少し離れて部屋を出ると、9m以内でも届きませんでした。

通知画面はというと……、記号や装飾は全て文字化けですね。
本文のはじめに装飾をたくさん使うメールは、ほぼ読めません。

『Fitbit Charge 3』の文字化け
『Fitbit Charge 3』の文字化け

シンプルなテキストなら問題ありません。
『Fitbit Charge 3』に表示される「開く」は、スマホ側のメール画面が開きますよ。
『Fitbit Charge 3』でもある程度スクロールできますが、長文だと全部は読めないので、大事なメールはスマホで確認してください。

クイック返信には、ある程度対応しているようです。
返信定型文は「テキスト」と「絵文字」でそれぞれ5種類、アプリであらかじめ設定しておきます。
あまり多くのSNSを利用していないので、試して披露できる情報が少なくて申し訳ない…。

「LINE」ではクイック返信OK!

  • 通知をオフ
  • 返信
  • クリア

「Gmail」と「捨てメアド」で、通知を確認した時には表示されませんでした。

  • アーカイブ
  • 開く
  • クリア

通知機能ONのデメリット

常時Bluetooth接続やバックグラウンド時ONは、もちろんバッテリー消費に悪影響です。
スマホから警告も出ます。

電池使用量の警告
電池使用量の警告

Bluetoothに脆弱性があるというニュースも気になるので、セキュリティ的にはできるだけオフにするべきなのでしょう。
『Fitbit』側でメッセージは暗号化されているとの事ですが、スマホ内を含め、その他の情報にアクセスされる危険性は拭えません。
個人で使うBluetoothが攻撃されるかもと思うのは考えすぎでしょうか?
これは、他のデバイスとスマホの接続でも同じ問題なので、気にしてたら何も使えないですよね、う〜ん……。

まとめ

『HUAWEI nova lite 3』から『Fitbit Charge 3』への通知は機能しますが、百発百中ではないので、頼りにはしないでください。(笑)
でも、スマホが手元になくてもメールが届いたのが分かるというのも楽しいです。

スマホからウェアラブルウォッチに通知

常に同期させなくても、運動の計測、心拍数は24時間計測、睡眠も計測、たまにリラックス機能で呼吸を整えてみるなど、「フィットネストラッカー」としては多機能です。
目覚まし用のバイブは、ぐっすり眠っていたら全く気付けませんけど。

お風呂に入る時以外は身につけています(防水機能付きですが何となく外してしまいます)が、画面は「Corning® 社製 Gorilla® Glass 3」で、全く傷が付いていません!
個人の使用状況で変わると思いますが、以前使っていたAlta HRは傷だらけでした。

スマホからの通知が必要でなければ、スマホと『Fitbit Charge 3』の同期はデータを送る時のみ、週に1度ぐらいでも大丈夫ですよ。
常時Bluetooth接続のデメリットを考えると、自分は通知機能オフの方が安心かな。

公式サイトを見ると、今後も連携できるアプリが増える予定との事。
『Fitbit Charge 3』は「スマートウォッチ」というより「フィットネストラッカー」です。
体調管理の為に、大事に『Fitbit Charge 3』を使い続けたいですね。

トップへ戻る