ドコモのガラケーやガラホから「ahamo」への移行はどうなん?

2020年12月3日にドコモの新プラン「ahamo(アハモ)」が発表されました。
提供開始は2021年3月26日(金曜)。
先行エントリーでdポイント(期間・用途限定)がもらえるキャンペーンは始まっています。

続々と追随する他社プランの影響もあり、2021年3月1日に料金が当初の税抜2,980円より値下げになりました。
少しずつ内容を修正する様子に逆に不安を感じますが、皆さんはどうなのでしょう……。

*以下、記事内は税込料金、2021年4月22日時点での情報です。

容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)

料金プランは1つ。
20GBで月額2,970円(税抜2,700円)。
別途ユニバーサルサービス料。
1回あたり5分以内の国内通話無料。(5分をこえる国内通話は22円/30秒)
別途かけ放題オプション月額1,100円で国内通話無料になります。
*海外での発着信、「WORLD CALL」、「SMS」、(0570)(0180)などの他社接続サービス、(188)、(104)、衛星電話/衛星船舶電話などへの発信は定額の対象外となり、別途料金。
2年定期契約や解約金は無し。
テザリングは無料。
ケータイ補償サービスの対象。
dカード特典あり。
あんしんセキュリティ対象。
フィルタリングサービス対象。

新規の契約や契約後の手続きや相談は全てahamo WEBサイトや専用のアプリで受付。
ドコモショップでの有償サポートがありますが、あくまでも操作の補助です。

対象端末もWEBサイト内で確認してくださいね。
そんな気はしましたが、ガラケーやガラホは対象外ですよ。
(よ〜く発表を読むと、対応端末にも対象外端末にも入っていないのですが、これから対応するとは思えません。)

…………。
って、ほぼサブブランドやん!

さて、2026年3月に廃止予定の3Gを利用しているドコモガラケーをそろそろ機種変更しなければと思っている皆様にはどうなのでしょう?
iモード用サービスが続々と廃止になっているので、なるべく安いスマホを「ギガライト」で契約するしかないな〜と思っていた方々にも「ahamo(アハモ)」は魅力的に見えますね。

しかし、みんながみんな「ahamo(アハモ)」に移行されても収益が下がって困りそうです。
どうやらドコモ的には「ahamo(アハモ)」は”キャピキャピのナウいヤングピープル”向けのプランです。

ガラケーユーザーにとってのデメリット

3Gガラケーユーザーは3Gが終了する前に移行しなければなりません。
ドコモならまだ時間があるので今後新しいプランが出る可能性もありますが、「ahamo(アハモ)」も頭に入れておきましょう。

=2020年12月18日追記分=
3Gケータイから4G・5G契約へ移行するなら新プラン「はじめてスマホプラン」が2021年4月1日(木曜)から提供開始です。
データ量は1GBまで&5分間までの国内通話が何度でも無料で月額1,628円(定期契約(2年)ありの場合)なので、長期ガラケーユーザーなら「ahamo(アハモ)」より「はじめてスマホプラン」かも。
ドコモ報道発表資料>「はじめてスマホプラン」を提供開始 へ

尚、「ギガホ」「5Gギガホ」も値下げとの発表がありましたが、ガラケー&ガラホを愛する民には関係ありませんでしたね。

では、「ahamo(アハモ)」のデメリットとも言える特徴です。

●キャリアメールが使えない!
ウン10年ガラケーを使っているならキャリアメールが連絡手段のメインになっているはず。
友人・知人へのアドレス変更のお知らせはもちろん、登録しているサービスの大事な通知をキャリアメールに設定している場合も1つ1つ変更しなければならないのは面倒ですね。

やはり、まだ登録しているサービスが少ない、または、そもそもメールは使っていない”キャピキャピのナウいヤングピープル”がターゲットです。

*総務省のお叱りにより、今後キャリアメールが使えるようになる可能性あり。

●継続利用年数はリセット!継続!
ガラケーユーザーなら軽く10年、15年、20年とドコモを契約している方も多いはず。
15年以上なら利用金額に関係無くプラチナステージです。
当初は「ahamo(アハモ)」に移行すると継続利用割引サービスは無しでしたが、2021年2月5日の発表でドコモ回線継続利用期間は引き継ぎされる事になりました。

「ahamo(アハモ)」は継続利用年数による恩恵は受けていない”キャピキャピのナウいヤングピープル”がターゲットでしたが、楽天モバイルの1GB以下なら0円〜という新プランでは電話ができれば十分なガラケーユーザーも移行を考えてしまうかもしれません。
急遽考えられた対抗策でしょうか?

●家族間の特典は無し!少々あり!
*2021年1月14日、「ファミリー割引」に少々変更がありました。
「ファミリー割引」の一員としてカウントされる事になりました。

「ファミリー割引」の他、「みんなドコモ割」「ドコモ光セット割」にもカウントはされますが、「ahamo(アハモ)」契約者側に特典はありません。
今まで「ファミリー割引」で全員が無料通話を当たり前だと思って利用していた場合は注意が必要です。

家族間通話無料について、「ahamo(アハモ)」契約回線からの発信は対象外です。
つまり「ahamo(アハモ)」契約者側からは家族でも家族以外でも5分以内なら無料です。

ギガプランなどを契約中の同一「ファミリー割引」グループ回線からの「ahamo(アハモ)」契約者への発信については無料です。

「ahamo(アハモ)」を契約できるのは20歳以上なので、”キャピキャピのナウいヤングピープル”が社会人となって初めて生活費を全て自分でやりくりする場合の選択肢には20GB月額2,970円は魅力的です。
長電話が必要な時は、ご家族の方からかけてもらってください。

●ドコモショップでの取扱い・受付はしない!有償で開始!
2021年4月22日より店頭サポート開始。
店頭でスタッフに対応してもらいたいか?はそれぞれの環境によります。
世間で言われているほどガラケーユーザーはネットが使えないという訳でもないでしょう。
年齢が上の方がパソコンでの調べ物が得意だったりもするので。

店頭サポートはドコモショップへ予約申し込みですが、あくまでも「手続きの補助」です。

  • ahamo WEBお申込みサポート(3,300円):
    ahamoの新規ご契約、他社からのおのりかえ、ドコモのギガプラン等からの料金プラン変更のお申込みをサポート
  • ahamo WEBお手続きサポート(3,300円):
    ahamoご契約後の各種お手続きのお申込みをサポート

端末操作は自分です!
スタッフは端末操作画面を見て必要に応じて操作の案内を行うだけで、注意事項等の説明義務もありません。
待っていれば全てのデータが新機種に移行された機種変更のイメージではありませんね。
何がしたいのかを明確にしていかないと何もしてくれませんよ。

何度もドコモショップでサポートしてもらうとせっかくの低料金が無意味になります。
フルブラウザに接続できるガラケー(Wi-Fiには接続できない)で契約変更するとパケット料金が結構かかると思うので、初回の機種変更時にサポートをお願いする程度にして、スマホを手に入れた後はWEBサイトから何でもできるようにしていきましょう!

「故障に関するお手続き」もドコモショップで修理受付(無料)開始ですが、修理代金は機種や加入の補償サービスや修理の内容によって異なり、別途かかります。

パソコンやタブレットがあるからガラケーはほぼ電話だけ!
データ料金はできるだけ節約したいならドコモのガラホで「ケータイプラン」も選択肢です。
「ケータイプラン」は、もちろんドコモショップでもサポートしてもらえます。
定期契約ありで月額1,320円(税抜1,200円)。
キャリアメールはそのまま使えて利用可能データ量は100MB。
5分通話無料オプション770円を付けても約2,090円。
詳しくはドコモ公式サイト>ケータイプランへ。

ドコモのプラン変更をショップかWEBで

ガラホユーザーには?

ガラホとは、形は2つ折りケータイ、中身はAndroidのスマホ、Xi契約しているのでもちろんインターネットも利用できます。
具体的にはSH-02LやF-03Lなどのドコモケータイです。
4Gなので無理して変更する必要は全くありません。
前述の「ケータイプラン」の他に「ギガライト」などでも契約できます。

しかし、アプリをインストールできない、画面は小さくて見辛い、文字入力はケータイ打ちなど、スマホに慣れているとストレスを感じるでしょう。

ガラホをほぼガラケーとして使っているのか、スマホやタブレットも持っていて複数台を使い分けているのかによっても考え方が違うと思います。

ガラホで「ギガライト」を契約している場合や、複数台持ちを1台のスマホにまとめたい場合は「ahamo(アハモ)」へ移行もありでしょうか?

  • キャリアメールを使っている
  • ドコモの「データプラス」でタブレットやルーターなども利用している
  • (自分の様に)複数台持ちがすっごく快適だと思っている

これらが変更になっても問題無いならスマホを手に入れて「ahamo(アハモ)」ですね。

「ahamo(アハモ)」はほぼサブブランド

多くの方は薄々感じているでしょうが、中身はほぼサブブランドですね。
実店舗が1つもないサブブランドです。

ドコモ内なら契約プラン変更と言いながら、システム対応が完了するまでの間は他社から乗り換えと同じMNP転出扱いです。
後にシステム対応完了した様で、2021年3月から専用WEBサイトで簡易な手続きで移行できますよ。
もちろん専用WEBサイトからなら各手数料は無料です。

  • 前述のデメリットは許容範囲、手厚いサービスは必要無いから20GBのデータ容量で少しでも安いプランなら「ahamo(アハモ)」
  • 毎月データ使用量は3GB以下、1GB以下の時もあるけどサービスの質は変えたくないなら「ギガライト」
    (3GBをこえると「ahamo(アハモ)」より高くなるのでモヤモヤします)
  • 電話とキャリアメールだけできれば良い、見た目がガラケーでも良いならガラホで「ケータイプラン」
  • 3Gケータイから4Gスマホ(5Gでも良いですけどね)への乗り換え限定で、毎月データ使用量1GB以下で十分なら「はじめてスマホプラン」

しかし、MVNO(キャリアから回線を借りている、とにかく安くて多種多様なプランがあるのが魅力の格安通信会社)を考えるなら、もっと低容量で低価格のプランもあります。
回線速度はキャリア優先になるので混雑している時間帯には遅さを感じるかもしれません。
自分は外出先、混雑する時間帯にはほとんど動画を観ないので不自由はありません。
サポートセンターに電話しても繋がりにくいのは基本です、怒るポイントではありませんよ。

格安SIMは理解も普及もまだまだですね。キャリアとMVNOのどちらが良い?悪い?ではなく、それぞれの長所&短所を知ったら、おのずと選ぶ道が見えてくる。自分はドコモとイオンモバイルの2台持ち。ニュートラルな目線で伝えたい…。

総務省はキャリアからMVNOへの回線利用料を下げる、MVNOの通話ももっと手軽なプランを!とプッシュしているので、各社の新プランもまだまだ期待できます。

MVNOならデータ容量3GB前後で月額1,000円前後(通話料金は別途)なので魅力的なんですけどね〜。

高速5Gが必要かどうかは住んでいる場所にもよりますが、我が北海道では全エリアに普及はまだまだ先の話です。

やはり、時々動画を観るのにギリギリ大きめのデータ容量が必要で、とにかく安いプランを探している”キャピキャピのナウいヤングピープル”が「ahamo(アハモ)」のメインターゲット!!!

スポンサーリンク
PC(大)
トップへ戻る