『BUFFALO製Wi-Fiルーター』ファームウェア更新で忘れがちな自宅セキュリティ対策を

最近、何故か自宅にいる時間が長いので、パソコン周りの整理しようと考えました。
ソフトやアプリの整理、必要無くなったファイルの削除、IDやパスワードの見直し、セキュリティ……。

セキュリティ?
スマホやパソコン本体のセキュリティは常に気にしていますが、はて?Wi-Fiは?

自宅にある固定のルーターは、やや古めの『BUFFALO Air Station』です。
購入・設置したのは同居の家族だったので、どうなってるんだろ?

チャチャッと調べよう!

んー、所々つまずくんですけど?
最終的にスマホのアプリで更新するのが楽だと感じました。

BUFFALO製Wi-Fiルーターの更新方法

Wi-Fiルーターの設定画面に接続する方法は、BUFFALOの場合、

  • パソコンのブラウザに直接IPアドレスを入力する
  • パソコンから専用の設定ツールを利用する
  • スマホのアプリを利用する

全部ぼんやりとした知識だったので、探り探り進めます。
他にも方法があるのかも……。

パソコンから設定に接続

まず、ぼんやりと知識があった、ちょっぴり通な(?)方法です。
ブラウザの検索窓にIPアドレスを入力してWi-Fiの接続状況を確認できるはず。
世間で公開されているBUFFALOのIPアドレスをチャチャッと検索して入力っと!
……あれっ、繋がりません⁈
「192.168.11.1」ではないようです。

仕方ない、更新方法を公式サイトで調べるか!

BUFFALO公式サイト>よくある質問「Wi-Fiルーターを最新のファームウェアに更新する方法」

自分のパソコンはMacなので、
BUFFALO公式サイト>よくある質問「Wi-Fiルーターの設定画面を表示する方法がわかりません(Mac)」
を確認して進めます。

「Mac用 エアステーション設定ツール」をダウンロードするらしいです。
「Ver.1をダウンロードしようとしてエラーメッセージが表示されたらVer.2にしてください。
その後、圧縮を解凍して、身元不明のソフトを開く許可を与えて……。
その後、インストーラーを開いて……。」
ん〜、長い手順が待っていると思うと、面倒臭くなりました。

方法を変更します。

堅実な方法を選びたい皆様は、このまま「Mac用 エアステーション設定ツール」で進めてください、BUFFALOさんの言う通りに……。

スマホアプリで更新する

スマホのアプリで更新しよう!

『StationRadar』 Google Playで無料(2020年5月時点)

BUFFALOのアプリ『StationRadar』

アプリ『StationRadar』をスマホにインストールします。
アプリを開くとルーター名が表示されています。
他にもBUFFALOのルーターを利用しているなら、いくつか表示されますよ。
それぞれ分かりやすい名前に変更しておくと次回から楽です。

お目当てのルーターを選ぶと、「ユーザー名」と「パスワード」の入力画面になります。
初期設定では、
「ユーザー名」→admin
「パスワード」→password

となっています。

セキュリティのためにパスワードは変更しましょう。
ログイン後、「管理」→「システム設定」で変更できます。
最大8文字で記号は使えない様です。

BUFFALOのWi-Fiルーターログイン画面

すんなりログインできましたね。
次に、ホーム画面の一番下の「詳細設定」を選びます。

BUFFALOのWi-Fiルーターの詳細設定へ

「管理」→「ファームウェア更新」を確認すると、最新バージョンがあれば「更新実行」ボタンが表示されている(押せる状態になっている)ので、ファイルの確認をして最新バージョンを選択して更新!

BUFFALOのWi-Fiルーターのファームウェア更新

終了までに数分かかりますが、問題なく更新できました。

スマホのアプリですが、更新にはパソコンと同じくブラウザに接続しています。
更新画面に到達するのがアプリの方が早いというのがメリットですね。

ルーターのIPアドレスが分かってしまえば、パソコンからブラウザの検索窓に入力する方が更に早いので、IPアドレスを控えておくのが良いかもしれません。
「ステータス」→「システム」の中に表記されています。

自動で更新する設定もある様ですが、突然インターネットが切断されても困りそうです。

BUFFALOのWi-Fiルーター更新設定

家族も利用しているなら皆が寝静まった深夜にでも手動で行うのがベストでしょうか?

忘れがちな自宅Wi-Fiセキュリティ

家のインターネットセキュリティ

スマホやパソコンにはウイルス対策ソフトを入れて気を付けていますよね。
その前の段階、自宅のWi-Fiは?
侵入されたら困る情報を扱う企業でもないし〜と気にしていないのでは……。

時々、同じWi-Fiに知らないデバイスが接続していないか?はアプリでチェックしています。
その時限りのチェックですから、そんなに対策にはなっていませんが。

スマートスピーカーやスマートリモコンを沢山接続しているなら、ホームセキュリティソフトを契約するべきなのでしょうが、まだ個人宅に導入するには種類が少ないですね。
代表は、「ウイルスバスター for Home Network」です。
もう少し色々なメーカーから色々なプランを出して欲しいですね。
今後、広がる分野ですので期待しましょう。

すぐにでもできる対策が、Wi-Fiルーターのファームウェアを最新版に更新です。
ふと思い出したら確認しておきましょう。

トップへ戻る